われは海の子


作詞作曲不詳

1)
我は海の子白浪の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家なれ

2)
生れてしおに浴して
浪を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の気を
吸いてわらべとなりにけり

3)
高く鼻つくいその香に
不断の花のかおりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽と我は聞く

4)
じょうよのろかい あやつりて
行手定めぬ 波枕
ももひろ ちひろ 海の底
遊びなれたる 庭広し

※ 明治四十三年
「尋常小学読本唱歌」七番まであり
次ぎの歌詞も含まれておりました

幾年ここに鍛えたる
鉄より堅き腕あり
吹く塩風に黒みたる
はだは赤銅さながらに

浪にただよう氷山も
来らば来たれ恐れんや
海まき上ぐるたつまきも
起こらば起これ驚かじ

いで大船を乗り出して
われは拾わん海の富
いで軍艦に乗り組みて
われは護らん海の国