ツンベルギア

ツンベルギア、咲くやこの花館
ツンベルギア、咲くやこの花館
ツンベルギア、咲くやこの花館
ツンベルギア、咲くやこの花館


ツンベルギア

キツネノマゴ科 ヤハズカズラ属 アフリカ中部、南部、マダガスカル原産  ツンベルギア属は、直立または登はん性の草木から低木、美しい花をほとんど周年で開花させることから、熱帯地方では多くの 人に栽培されています。花色は白、黄、青、紫など、市場によく出回るものは、熱帯アフリカ原産でオレンジがかった黄花の 花を咲かせるアラタ(ヤハズカズラ)東南アジア原産で紫花をつけるエレクタ(コダチヤハズカズラ)などがあり、それぞれ 花色の違う園芸品種もあり、日本での花期は初夏から秋にかけて、日当たりと水はけの良い場所で育てると良く開花します。 冬の寒さで枯れることもありますが、ワラで地面を覆うなどをすると春になって再生します。 咲くやこの花館で撮影。