太陽の街


 
増永直子 作詞
芥川也寸志 作曲


おはようと声にだし 玄界灘に呼びかける
太陽はきらきらと 明るい顔でうなずいている
青い波 白い船 生きている僕らの星
朝の島が目をさまし 空を走る笑い声

こんにちはと手を拡げ 若戸大橋呼んでいる
太陽はうらうらと のんびり空でお昼寝してる
虹の上 渡る鳥 生きている僕らの星
森の風と遊ぶ時 木の葉揺れて歌い声

さよならと夕暮れに 両手を振ってまたあした
太陽はゆらゆらと 夕焼け色に世界を染める
千切れ雲 赤とんぼ 生きている僕らの星
背中向ける友だちの 帰り道の影法師

おやすみとささやいて 夜空に消える流れ星
太陽はゆうゆうと 地球の裏でお散歩してる
波の音 夜の声 生きている僕らの星
夢の中で夢を見る 遠い風の子守唄