旅人の唄


 
野口 雨情 作詞
中山 晋平 作曲


1)
山は高いし 野はただ広し
一人とぼとぼ 旅路の長さ

2)
渇く暇なく 涙は落ちて
恋しきものは 故郷の空よ

3)
今日も夕日の 落ちゆく先は
どこの国やら 果てさえ知れず

4)
水の流れよ 浮寝の鳥よ
遠い故郷の 恋しき空よ

5)
明日も夕日の 落ちゆく先は
どこの国かよ 果てさえ知れず