五陵若者たちは、金市の東の繁華街、銀鞍の白馬にまたがって、春風の中をさっそうと行く。 いちめんの落花を踏み尽くして、どこえ楽しげに出かけるのか。 にぎやかに笑いながら繰りこんだのは、碧眼の酒場の中