スキー


 
時雨 音羽 作詞
平井 康三郎 作曲


1)
山はしろがね 朝日をあびて
すべるスキーの 風きるはやさ
飛ぶは粉雪か 舞いたつ霧か
おおお この身も かけるよかける

2)
真一文字に 身をおどらせて
さっと飛びこす 飛鳥のつばさ
ぐんとせまるは ふもとか谷か
おおお たのしや 手練の飛躍

3)
風をつんざき 左へ 右へ
飛べばおどれば 流れる斜面
空はみどりよ 大地は白よ
おおお あの丘 われらを招く