さくら貝の歌


土屋 花情 作詞
八州 秀章 作曲


1)
うるわしき 桜貝ひとつ
去りゆける 君に捧げむ
この貝は 去年(こぞ)浜辺に
われひとり 拾(ひろ)いし貝よ

2)
ほのぼのと うす紅染(べにそ)むるは
わが燃ゆる さみし血潮よ
はるばると かようかおりは
君恋うる 胸のさざなみ

ああなれど わが思いは儚(はか)なく
うつし世(よ)の渚(なぎさ)に 果てぬ