サボテンの花


 
財津和夫 作詞 作曲

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に

編みかけていた手袋と 洗いかけの洗たくもの
シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた

絶えまなく降りそそぐこの雪のように
君を愛せばよかった
窓に降りそそぐこの雪のように
二人の愛は流れた

想い出つまったこの部屋を 僕もでてゆこう
ドアに鍵をおろした時 なぜか涙がこぼれた

君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は今終わった

この永い冬が終るまでに
何かをみつけて生きよう
何かを信じて生きてゆこう
この冬が終るまで

この永い冬が終るまでに
何かをみつけて生きよう
何かを信じて生きてゆこう
この冬が終るまで

ラララ…