音楽室は秘密基地


 
宮崎 朝子 作詞 作曲
薄井 由行 ピアノ編曲


知らない教室 知らない女の子
知らない男の子 知らない街
一週間前にこの街に来た
私はまだこの街を好きになれていない

男子は声大きいし 女子はみんな固まっていて
教室は少しボロい
だけど本当は少しわかってる
声をかけられない自分が 一番嫌い

ある日の下校時刻
音楽室から聞こえてきたのはピアノの音
聞いたことあるようなメロディーが
夕焼けと一緒にキラキラ光ってた

「初めまして ピアノ、好きなの?」
先生はとても綺麗だから
少し照れくさかったけど
先生のキラキラの笑顔は
私に「ここにいていいんだよ」と言ってるみたいで
嬉しかった

それから放課後の音楽室は
私と先生の秘密基地になった
先生は時々私にピアノの弾き方を教えてくれた

ある日の全校集会
先生はどこか遠くへ行っちゃうらしい
知らなかったよ 先生 知らなかったよ
言えてないことがたくさんあるんだ
先生聞いて

まだ先生のピアノ聴きたいよ
先生の笑顔が大好きだよ
先生のおかげで学校に行くのが楽しくなったよ

「初めまして ピアノ 好きなの?」
先生はもう秘密基地には
きっときっと来ないけれど
ピアノも夕焼けもここにあるよ

「初めまして ピアノ、 好きなの?」
そう言って声をかけてくれたこと
大人になっても私 きっと忘れないよ
だから先生も忘れないで

あれから私は大人になったけど
今も先生がくれたキラキラをカバンに入れて
毎日生きてる
来週会えるの とても楽しみにしてます