鞠と殿さま


 
西條 八十 作詞
中山 晋平 作曲


てんてん手毬 てん手まり
てんてん手まりの 手がそれて
どこから こどまでとんでった
垣根をこえて 屋根こえて
おもての通りへ とんでった
         とんでった

おもての行列 なんじゃいな
紀州の殿さま お国入り
金紋先箱 ともぞろい
おかごのそばには ひげやっこ
毛槍をふりふり やっこらさの
         やっこらさ

てんてん手まりは てんころり
はずんでおかごの 屋根の上
「もしもし紀州の お殿さま
あなたのお国の みかん山
わたしに見させて くださいな
         くださいな」

おかごは行きます 東海道
東海道は 松並木
とまりとまりで 日が暮れて
1年たっても もどりゃせぬ
3年たっても もどりゃせぬ
        もどりゃせぬ

てんてん手まりは 殿さまに
だかれてはるばる 旅をして
紀州はよい国 日の光り
山のみかんに なったげな
赤いみかんに なったげな
         なったげな