クマのぬいぐるみ


 
みなみ らんぼ 作詞 作曲

1)
ぼくはクマの ぬいぐるみ
ひとつ腕が ちぎれそう
耳がやぶれて そこから
白いわたが のぞいている

さうさ古い ぬいぐるみ
五年前の クリスマス
パパの サンタクロースが
君のために 買ってきた

それからずっと 仲良しで
いつもいっしょに 眠ってた
だけど今日から ぼくなしで
ひとりで 眠れる
少し淋しくて ちょっと悲しくて
とても うれしいよ

2)
ぼくはクマの ぬいぐるみ
笑えないし しゃべれない
だけどずっと 友だちさ
淋しい時は ママがわり

君はぼくを よくかんだ
そして ほおり投げもした
なのに 泣き虫の君は 
いつも死ぬほど 抱きしめた

ある日田舎へ 行く時は
一緒でなくっちゃ いやだって
だだをこねていた あの日が
きのうの ようだね
少し淋しくて ちょっと悲しくて
とても うれしいよ