金剛石・水は器


 
昭憲皇太后 作詞
奥 好義 作曲


1)
金剛石もみがかずば
球の光はそわざらん
人もまなびて後にこそ
まことの徳は現るれ
時計のはりのたえまなく
めぐるがごとく ときのまの
日かげおしみて 励みなば
如何なる業か ならざらん

2)
水はうつわにしたがいて
そのさまざまになりぬなり
人はまじわる友により
よきにあしきにうつるなり
おのれにまさるよき友を
えらびもとめて もろ共に
こころの駒にむちうちて
まなびの道にすすめかし