いなかの四季


 
堀澤 周安 作詞
作曲者 不詳


(1)
道をはさんで 畠一面に
麦は穂が出る 菜は花盛り
眠る蝶々 とび立つひばり
吹くや春風 たもとも軽く
あちらこちらに 桑つむおとめ
日まし日ましに 春蚕も太る

(2)
並ぶ青空 涼しいこえで
歌いながらに うえ行くさなえ
永い夏に日 いつしか暮れて
植える手先に 月影動く
帰る道々 あと見かえれば
葉末葉末に 夜露が光

(3)
二百十日も 事なくすんで
村の祭りの 太鼓がひびく
稲は実がいる 日よりはつづく
刈ってひろげて 日にかわかして
米にこなして 俵につめて
家内そろって 笑顔に笑顔

(4)
松を火に焚く いろりのそばで
夜はよもやま 話がはずむ
母が手際の 大根なます
これがいなかの 年越しざかな
たなの餅ひく ねずみの音も
ふけて軒端に 雪降り積る