鉾をおさめて


時雨 音羽 作詞
中山 晋平 作曲


1)
鉾をおさめて 日の丸上げて
胸をドンと打ちゃ 夜明けの風が
そよろそよろと 身に沁みわたる

2)
灘の生酒に 肴は鯨
樽を叩いて 故郷の唄に
ゆらりゆらりと 日は舞い上がる

3)
金の扇に 波波波に
縄のたすきで 故郷の踊り
男男の 血は湧き上がる

4)
エンヤッサ エンヤッサ
ヤンレッサ ヤンレッサ
踊り疲れて 島かと見れば
母へ港へ 土産の鯨