鵯越


作詞 作曲者不詳

1)
鹿も四つ足 馬も四つ足
鹿の越えゆくこの坂道
馬の越せない道理はないと
大将義経真先に

2)
つづく勇士も一騎当千
鵯越について見れば
平家の陣屋は真下に見えて
戦今や真最中

3)
油断大敵 うらの山より
三千余騎のさか落としに
平家の一門驚きあわてて
屋島をさして落ちてゆく