ひまわり


 
又紀 仁美 作詞 作曲

たとえばひまわりの姿みたいに
一つだけ信じて生きてみたくて
「誰のために咲くか」よりも
背筋のばしてきれいにいよう
いつも同じ微笑みは
そうむずかしいけど
夏の陽ざしきらめく時
両手広げ感じた
いつかは出会う愛を探しながら
夢を抱いて歩きだせる
そっと力を下さい
そんな私に笑って
話しかけた気がした

たとえばひまわりは迷うことなく
鮮やかな明日へ手をのばしてる
誰もいない月の夜も
そらをじっと見上げていた
胸の奥の哀しみを
そう越えてくように
夏に向かい目覚めてゆく
溢れだした想いは
うつむく心すべて変えてゆくの
愛を見つめ強くなれる
そっと勇気を下さい
今は私に笑って
手を振ってる気がした

夏の陽ざしきらめく時
両手を広げ感じた
いつかは出会う愛を探しながら
夢を抱いて歩きだせる
そっと力を下さい
そんな私に笑って
話かけた気がした

心深く咲く花