コデマリの花





コデマリ

コデマリの原産地は中国で、ユキヤナギやシモツケと同属のバラ科の 低木です。 日本にはオオデマリ(大手毬)ヤブデマリ(藪手毬)という種類が 自生していますが、花が丸くなるものの、コデマリとは全然縁のない 種類です。 樹高は約1,5〜2mで、木の姿はユキヤナギによく似ています、 枝一面にびっしりと付くユキヤナギの白花が集まって、丸くなった ような姿をしています。 放っておいても枝先が垂れ下がるので、樹高が高くなり過ぎる心配が ありません。自然な茂みを作るので、生垣でも好まれます。 最近では、切り花として、小さなマリのついた枝が花屋さんの店先に 並ぶようになりました。



花言葉 努力する