石蕗の花
つわのはな


ちまちまとした海もちぬ石蕗の花・・ 一茶    





石蕗の花(つわのはな)(ツワブキ)

菊科の常緑多年草、暖地の海辺、崖などに多く自生しているが,日陰などに良く育つので 、庭園の下草としてよく植えられる、形態は蕗に似ているが、葉は厚く光沢があり、濃い緑色で美しい 花を車輪のように並べる。早春の葉柄は柔らかで食用になる。
茶室の庭に盛んに植えられて、 風流人に愛されていた花。

花言葉 ・ 愛よよみがえれ