おみなえし



女郎花(おみなえし)

「袖までが黄色に染まってしまうような美しい女郎花が、 この白露で散ってしまうのは惜しいなあ」白露がきらりと光、揺れ動く女郎花が目に浮かぶようです。 女郎花は秋の七草のひとつです。細くて弱々しく見えますが、茎は硬いです。花も長く咲き続け、秋の風にも 負けず、揺れ動く様は風情が有ります。花期は8〜10月、根は腫れ物や解毒、利尿のどの薬用に使われます。

花言葉・ 美人