シモツケの花

シモツケ
シモツケ    後藤夜半              

しもつけの花を小雨にぬれて折る


シモツケ

バラ科の落葉低木で、日本に自生する野趣をもつ, 6月から8月頃まで枝の頂に淡紅色の小さな5弁花が集まって半球形に開きます。その外にも白、桃色2色や、濃い桃色などの花色があります。

育てやすく、小さな庭や植え込み等に利用されています。下野の国(しもつけ、栃木県)で始めて見つかりこの名前がついたそうです。

花言葉・ 実らぬ恋