梅の花

万葉集 田氏肥人でんしのうまひと



梅の花今盛りなり百鳥ももどり
声のこいしき春来るらし


梅の花

うめは「万葉集」の中でハギについで詠まれた数が多い。 当時の貴族がウメを愛好した結果である。

中国原産で古い時代に日本に渡来した落葉小高木、花は二月から三月、他にさきがけて咲き、香りを漂わせる。



花言葉・ 忠実