スベリヒュの花



スベリヒュ(いはゐつら)


入間路は、武蔵の国入間地方(埼玉県)である。大家が原は武蔵野の広々とした原であろう。そこのいはゐつらを引くと「ぬるぬる」 となる、とうたわれている。スベリヒュの名の通りすべる感じがするのだろう。


日当たりの良い畑や草地に生える一年草、茎は赤みを帯び、地を這って広がる、葉はつやがあり、多肉質で滑らか、乾燥に強く丈夫で、 畑の嫌われもの、花は黄色で直径約1センチ、日が当たると開く