露草(月草)の花



ツユクサ(つきくさ)


つきくさは、花の形から鴨頭草とも言われ、ツユクサの露に濡れた青い花色が印象的で、その花で衣を摺り染めにした。 つゆくさの花は朝咲き、夕べにはしぼんでしまうので、「消ゆ」の比喩から歌われ、人の命のはかなさのたとえとしてつきくさが 歌われている。


何処にでも生えている一年草ですが、他色を交えないこれほど青い花は珍しく 、細めの茎や葉とも相性が良いので、茶花などにも用いられています。変種のオオボウシバナは全体が一回り大きく、花の青い 汁が染料として使われています。



花言葉・ 密かな恋