ベニバナの花



ベニバナ(くれなゐ)


くれなゐは呉の藍の約された語で、女性の口紅の材料に用いられるベニバナのことである。 夏に紅色や黄紅色の花をつける。その花を摘んで染料とした。


地中海沿岸から西アジア原産といわれる一年草。茎は直立し、高さ50〜100センチ 葉の縁には小さく鋭い刺がある、アザミ花に似た花は咲き始めは黄橙色、終わりかけると橙紅色となる。染料や化粧以外に 薬用、食用、生花やドライフラワーと利用範囲が広い。最近は刺ナシ品種もある。



花言葉 装い、化粧