李の花



すもも

早春にスモモの白い花が咲きました。春が来た、春の訪れを知らせる、ウメやスモモも中国に起源を持つ 。異邦の馥郁たる香りが漂って庭園に広がる。庭園は自然を集約した場所で、そこに植えられたスモモは春の到来をいち早く知るための花であった、 待望の春がスモモの花にやって来る。

中国原産の落葉小高木、果樹として栽培されている。花は4月、直径1,5センチほどで、葉脈に1〜3個が白く咲く、実は赤紫色か黄色に熟し、食用となる、酸味がある、 最近は甘みの多い種類が作られ盛んに食べられるようになった。



花言葉・忠実、困難