がくあじさい

ガクアジサイの花

「がくあじさい」   星野富弘 作
結婚ゆび輪はいらないといった
朝 顔を洗うとき
私の顔をきずつけないように
体を持ち上げるとき
私が痛くないように
結婚ゆび輪はいらないといった

今、レースのカーテンをつきぬけてくる
朝陽の中で
私の許に来たあなたが
洗面器から冷たい水をすくっている
その十本の指先から
金よりも 銀よりも
美しい雫が落ちている




星野富弘 氏

中学教師 クラブ活動中に事故に手足の自由を奪われたが、不屈の精神で立ち上がられ花と詩で有名

星野富弘美術館


ガクアジサイ

淡緑色の蕾が開くと、桃、紫、青色等の小さな花を球状に、密集して咲く 夏の数少ない花の一つです。 水切れに弱いので、十分に水を与え、乾かさないように、葉が日焼けしやすいので、初夏から夏の終わりまで直射日光にあてないようにしましょう。

花言葉 耐える愛