桜の花

さくら
   桜  杉山平一

毎日の仕事の疲れを悲しみながら 救われるよう 日曜日みんなはお花見に行く やさしい風は汽車のようにやってきて みんなの疲れた心を運んでは過ぎる みんなが心に握っている桃色の三等切符を 神様はしずかにお切りになる ごらん はらはらと花びらが散る





杉山平一

   大正3年 福島県生まれ 詩集「夜学生」「声を限りに」など

さくら

日本人には、昔から親しまれた花、入学式、入社式など新たな出発の月でもある 4月にパッと咲く、華やかな花桜、種類も多いですが、文学的にも多くの作品があります。



  花言葉  神秘的な美