土筆(つくし)




 

斉藤茂吉は、明治15年5月、蔵王山麓金瓶村に生まれ、医学と短歌の二つの道を選びヨーロッパに留学。帰国後、プロレタリア短歌や象徴主義と激しく論争し、日中戦争、太平洋戦争には愛国の心情を戦争の歌に詠んだ。家庭生活上のかなしみに堪え、『柿本人磨』の研究に打ち込んだ。



つくし

つくしは土手、野原に自生していて、3月から4月に頃、スギナから芽を出しつくしは胞子体で、佃煮などにして食べられます。





花言葉・向上心、努力