箱根八里


 
鳥居忱 作詞
瀧廉太郎 作曲
山田耕筰 編曲


箱根の山は 天下の険
函谷関(かんこくかん)も物ならず
万丈の山千仞(せんじん)の谷
前にそびえ後(しりえ)に支(さそ)う
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
昼猶闇(なおくら)き 杉の並木
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
羊腸(ようちょう)の小径(こみちは)は苔滑(こけなめら)か
一夫関(いっぷかん)に当たるや万夫(ばんぷ)も開くなし
天下に旅する剛毅の(ごうき)の武士(もののふ)
太刀腰に足駄(あしだ)がけ
八里の岩ね 踏み鳴らす
斯(か)くこそありしか往時(おうじ)の武士

『第2章 今の箱根』

箱根の山は 天下の阻(そ)
蜀(しょく)桟道(さんどう)数ならず
万丈の山 千仞の谷
前に聳え 後ろに支う
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
昼猶闇き 杉の並木
羊腸の小径は 苔滑か>
一夫関に当たるや 万夫も開くなし
山野に狩する 剛毅の壮士(ますらお)を
猟銃肩に 草鞋がけ
八里の岩ね 踏み破る
斯くこそありけれ 近時の壮士