洞庭に臨む

孟 浩然 作詞



(吟)池田 菖黎


八月 湖水 平らかなり

虚を涵して 太清に混ず

氣は蒸す 雲夢 澤

波は撼かす 岳陽 城

濟らんと欲するに 舟楫 無し

端居して 聖明に 恥ず

坐して観る 垂釣の 者

徒に 魚を 羨むの 情 有り

                                              
吟詠・枯山唄 吟詠・偶成