舟唄


北原 白秋 作詞
團 伊玖磨 作曲


あかしやの金と赤とがちがるぞえな。

かはたれの秋の光にちるぞえな。

あかしやの金と赤とがちがるぞえな。

片恋の薄着のねるのわがうれひ

曳舟の水のほとりをゆくころを。

やはらかな君が吐息のちるぞえな。

あかしやの金と赤とがちるぞえな。

ちるぞえな。