Carol


 
須田 景凪 作詞 作曲 編曲
谷口尚久 ピアノ編曲


帰路の騒がしい街
夕の朱色まで
すべて染め上げていく
寄り道をした

風が連れ去る花びら
日々に灯っていく哀楽
名前はいらない

幸せを思い出すと
その度あなたが隣にいて
目を瞑る笑い方も
どうか忘れてしまわぬように

瞑る目の奥でさえ
今日が手招いた
明日が迫り来るまで
手は離さない

喜びも嘘も涙も
あなたが育てた魔法だ
言葉はいらない

後悔に溺れても
あなたがあなたでいられるように
傷跡も隠さずに
朝の光に謳いたい

わかってる
あなたはいつの日にか
冷たい日々を泳ぐ事でしょう
つまらない暮らしと嘆くことも美しいから

上手に笑えず眠った夜も
あまりにぎこちない 声の揺れも
形にならない この心も
それでいいんだと

幸せを思い出すと
その度あなたが隣にいて
目を瞑る笑い方も
どうか忘れてしまわぬように