菩提樹


近藤 朔風 訳詩
シューベルト 作曲


1)
いずみに沿いて 茂る菩提樹
慕いゆきては うまし夢みつ
みきにはえりぬ 愛の言葉
うれし楽しに といしその影

2)
今日もよぎりぬ 暗きさよなか
真闇に立ちて もなこ閉ずれば
枝はそよぎて 語るごとし
今宵としとも ここに幸あり
おもをかすめて 吹く風寒く
かさは飛べども 捨てて急ぎぬ

3)
はるか去りて たたずまえば
なおも聞こゆる ここに幸あり
はるか盛りて たたずまえば
なおも聞こゆる ここに幸あり
ここに幸あり