ビオラは歌う


 
槙原 敬之 作詞 作曲

ビオラは居なくてもきっとなにも変わらないさ
そうみんなで笑い先に始まった練習 でも!

何故かいつものように調子が出なくて
悩むみんなを指揮者は訳知り顔で笑う

遅れてきたビオラ達の慌てる足音に
上につんとタクトがあがる
「さぁみんな揃ったもう一度」

そしてオーケストラは高らかに歌い出す
いつもの調子で誰もが素敵な音を奏でる
目立たないビオラの調べは誰かの為の旋律
それを頼りにしていた事にみんな気付いた

鳥を空高くへと運ぶ見えない風のように
星を輝かせて見せる暗い夜空のように
誰かの為に必要な自分になれる事で
感じられる幸せがあると教えるように